NAVI110にハイパーバルブ(WirusWin製)を取り付けた話

ぱー

Navi110

ハイパーバルブ(WirusWin製)を取り付けた話

どうもナビブログ管理人です(^^)/

今回はWirusWin製ハイパーバルブの取り付けです。

前回、【ハイパー駆動系Kitを組んでみた話】で

ちらっと見えていたのでお気付きだと思いますが、

駆動系Kitと同時に作業しました。

が、やってみた感想としては同時にやる内容でも無かったかなと思います。

弄る場所が全然違うので全くついで感が無かったんですよねw

ですのでブログ記事は分けて書いておきます。

そもそもハイパーバルブとは??

4stエンジンでは割と定番のカスタムのようですね。

クランクケース内の圧力を減圧しフリクションロスを無くすモノのようです。

1番わかりやすいのはバルブを取り付けるだけで

エンジンブレーキが効きにくくなるそうです。

アクセル急閉時の強烈なエンジンブレーキが軽減されることにより

大変乗りやすくなるそうです。

では早速Navi110に取り付けましょう。

写真の中央がWirusWin製のハイパーバルブです。

まずはNavi110のオプションであるラゲッジボックスを外します。

10mmと8mmのナットやボルトを外していきます。

ボックス前部2か所、ボックス底部1か所、ボックス後部両サイド2か所。

ボックスを外すと、サービスパネルがあるので

カバーを外すとアクセスできます。

写真はすでにバルブを取り付けたところです。

取り付けは純正ブローバイ還元パイプに割り込ませるだけの

無加工で取り付け可能です。

取り付け後試走した感想としては

体感できるほど効果は絶大です!!

明らかにエンジンブレーキが軽減されスムーズな感じになりました。

取り付けを考えている方にはぜひおススメしたいカスタムです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

2017年6月予約。約2ヵ月後の2017年8月末に納車。 毎日の通勤の足として乗っています。 ナビオーナーの記録的ブログへようこそ!!